動画を使い企業や商品を効果的にPRしたい!それならポイントを押さえて動画制作をしよう

このサイトでは、ビジネスにおける動画制作についての様々な知って得する知識をご紹介しています。
動画の需要が高まっている今だからこそ押さえておきたい、動画を使った商品のPRのポイントや、社内でPR動画の制作を行うメリット、専門業者に動画の制作を委託するメリットなどの情報を掲載しています。
みなさんもこのサイトの情報をもとに、ビジネスで動画のせい策にチャレンジして、より良い仕事にしてみませんか。
是非ご覧いただければと思います。

動画を使い企業や商品を効果的にPRしたい!それならポイントを押さえて動画制作をしよう

ビジネスにおいて、企業や商品をより効果的に宣伝したいと思ったことはありませんか。
この時に役立つのが動画制作です。
今回は宣伝の際に動画制作をする基本的なポイントにういてご紹介します。
宣伝において動画制作をするポイントは、宣伝したいものを文字や画像を使ってはっきりと主張することです。
商品自体の画像などだけではなく、背景などもそれに関連したものを利用するというのも効果的です。
動画制作の目的をはっきりと目立たせることが効果的な宣伝への近道です。
ぜひ意識して制作してみてください。

訴求したいターゲットを明確にしてから始める動画制作

動画制作は、大きく企画・構成・撮影・編集・公開という流れで進んでいきますが、これらの工程の中で最も重要と言っても過言ではないのが企画です。
企画では、動画の全体像を考える工程で、企画の完成度が高いほど動画のクオリティは高くなります。
また、企画では制作目的や掲載先など様々な項目を決める必要がありますが、ターゲットも企画で決めるべき項目のひとつです。
基本的に、どのような動画を制作したとしても、万人に受けることはほとんどありません。
視聴者は、年齢や性別、居住地域などによって興味を示す対象が大きく異なるため、動画制作の目的を達成するには最初に訴求したいターゲットを明確にしておくことが大切です。
ターゲットを明確にしておけば、自ずと動画のテイストや強調すべき内容も定まっていきます。
加えて、性別や年齢によって閲覧する媒体は異なるので、ターゲットを明確にすることで掲載すべき媒体も絞ることが可能です。
なお、ターゲットを明確にする際は、可能であればより具体的なペルソナを設定するのがおすすめです。
例えば、同じ20代女性であっても、職業や性格などによって興味を示す対象は大きく異なりますが、ペルソナを設定することでターゲットにより刺さる動画を制作することができます。

動画制作の時点で考える適切な尺の長さ

動画制作の際は、企画段階で制作目的やターゲットだけでなく、動画の尺(長さ)を明確にしておくことが大切です。
米国の動画マーケティング企業である「Wista社」の調査によると、1分以内の動画は約6割のユーザーが最後まで視聴しているものの、2~3分ほどの動画になると約4割、1時間以上の尺になると1割未満にまで減少するとされています。
このように、尺の長さが長くなるほど最後まで視聴してくれるユーザーは減少するため、マーケティングに活用する動画の場合は短い方が良いということになります。
加えて、尺が短いほど制作費用も抑えられますが、具体的な尺の長さはプラットフォームごとに異なるので注意が必要です。
一般的に、Instagramでは30秒ほど、Twitterでは45秒ほど、FaceBookでは60秒ほど、YouTubeでは2~3分ほどの動画が最もエンゲージメントを獲得できるとされています。
一方で、オウンドメディアの場合は5分以上の比較的長尺の動画でもエンゲージメントを獲得できると言われています。
そのため、動画制作の際は最初に動画を公開するプラットフォームを明確にした上で、そのプラットフォームに最適な尺を検討することが大切です。

動画制作で意識したい視聴者をつかむ冒頭のインパクト

動画配信サイトでは、冒頭の数秒で視聴が決まるといわれていますから、動画制作においても意識すべきは視聴者をつかむ最初のインパクトだといえるのではないでしょうか。
動画制作は全体の構成、細部のクオリティも大事ですが、やはりいかに冒頭でインパクトが与えられるかが成功の鍵を握ります。
出だしが地味だと興味を引くことができませんし、それこそ最後まで見てもらえる可能性が大幅に低下します。
しかし、最初に視聴者の心を掴むことができれば、後は次のシーンに繋げていくだけで最後まで見てもらえるようになります。
動画制作はその人によって重視するポイント、作り方のスタイルが異なりますが、冒頭が重要というのは誰にとっても同じ共通点です。
視聴者の意識を引きつけるやり方は色々ありますが、例えば音を大きめにしたり、音に合わせて文字も大きくするといった工夫が挙げられます。
他にも一見して何が映っているのか分からない映像に仕上げたり、謎が興味を引くような仕掛けにするのも、動画制作におけるヒントになるのではないでしょうか。

視聴者の期待感を煽るストーリー性を意識した動画制作

インターネット上には大量の動画がアップされていますが、人気のある動画はストーリー性がしっかりしているという特徴があります。
ストーリー性のある動画は、視聴者を物語の世界に引き込んでワクワクさせてくれるので、見ていて楽しいわけです。
素人が動画を作ると物語性のない平坦なものになりがちですが、きちんと物語性を持たせることで、魅力的な動画制作をすることができるようになります。
動画制作の上手な人は、いきなり撮影をするという事はしません。
まずどのようなストーリーの動画にするかを撮影前にじっくり考え、文章にも書き出してみるのが普通です。
そうやってストーリーの骨格が決まってしまえば、あとはそれに沿って撮影をしていけばいいだけなのです。
動画制作が上手くいくかどうかは、このストーリーを考えることにかかっていると言っても過言ではありません。
実際の撮影や編集などはオマケみたいなものです。
物語性のある映像を作る基本は、起承転結を意識することであり、とくに導入部分の「起」のところが一番大事です。
ここで視聴者に期待感を持たせて物語に引き込むことができれば、最後まで映像を見てもらえるでしょう。

著者:上田勇雄

筆者プロフィール

栃木県宇都宮市生まれ。
テレビ局のディレクターとして活躍後、動画制作会社を立ち上げる。
今回はビジネスにおける動画制作について記事をまとめました。
福井 動画制作